SEO対策リンク集

TOP サイトマップ
ご利用案内
会社概要
サービス案内
お問合せ
リンク
東京、大阪、兵庫、京都を中心にSEO対策サービスを展開中

司法書士と相続

●司法書士への相続の相談と印鑑証明

司法書士に相続についての依頼をする場合には、相続人の印鑑証明書が必要になります。
ただし、これは発行後3ヶ月以内のものに限られますので、何代も放置している場合などは関係説明図の作成に時間がかかります。

司法書士はあらかじめ戸籍や住民票などを取り寄せて、これらの書類を作成しますが、相続人が多くなるとどうしても登記までに時間がかかり、その間に印鑑証明が使えなくなってしまいます。

司法書士と相談した上で、登記申請ができる直前になってから証明書を発行してもらうことで、何度も証明書を取り寄せる必要がなくなります。

正式なスケジュールは司法書士から直接連絡を受けることになりますので、早めに手続きを取らないほうがよいでしょう。

 

Copyright(C)2005 TKT,Inc. All Rights Reserved.